地球防衛軍 THE SHADOW OF NEW DESPAIR:

Date: 2018-01-09 03:45

Video «地球防衛軍4.1 the shadow of new ipad»

前半は敵すくなくて長いだけのミッションだと思ってましたが、中盤から敵祭り状態です。もう半端ないです。処理落ちしまくりでわけわからなくなります。それが地球防衛軍だ!本当にこれでもかという数がでます。多分オンライン9人だと敵の数も増える気がする。絶望を味わってください。

地球防衛軍 ポータルサイト

段差が多くてストレス。これはステージによるかもですけど結構引っかかります。序盤だけならいいけどなぁ・・・。エアレイダーはあまり気にならないです。フェンサーは引っかかりまくり。木も多くて正直邪魔です。壊せばいいのだけど、一発が重いガリア重キャノン使いとしてはやりにくい。

地球防衛軍 (改造・解析) - PS4パッチコード改造掲示板 by セーブエディター.com

<9との比較>
・敵がワラワラと登場するためシリーズを通じて処理落ちが気になる地球防衛軍ですが、9でかなり改善し、ではほぼ気にならないレベルまで進化しています。ロード時間もかなり短縮されましたので、もともと6ステージ65分程度のライトなゲームをより手軽にプレイすることが出来ます。
・内容としても、各ステージのマップや敵の配置が大幅に変更されていますので、9をプレイ済のユーザーにもをお勧めできます。一部理不尽な敵(クモ)が改善されています。

【】地球防衛軍 THE SHADOW OF NEW DESPAIR攻略wiki[GAME-]

難易度は高いです(オンライン9人の場合、オフはわかりません)。↑の長い+敵多いで余計にそう感じます。ノーマル初見一発クリアは9割無理だと思います。そこまではさすがに言いすぎかなwちゃんと連携取らないとクリアできません。ノーマルくらいはガンガン攻めていけると思ったんだけどなぁ・・・。

そしてフェンサー。やっぱこれでしょ!上級とか書かれてるけど全然そんなことないです。ダッシュによる高機動と強化スーツによる高火力。しかしすっごい癖のある照準。だいたいの火器は反動がすごくて跳ね上がってめちゃくちゃ滑る。それをうまく調整して遠距離で放つ”ガリア重キャノン砲”はクセになりますよ!!初期装備のスピアは序盤の敵は一撃だし無双できる(意外と中盤もいける)。前作のダッシュキャンセルはできなくなったものの、補助装備で同じような動きが可能。現時点で8回連続ダッシュできる装備がありました。ジャンプも同様に連続できる装備アリ。もしかしたらダッシュ無し、ジャンプ移動で火器のみもできるかも。

 敵は『地球防衛軍』シリーズでおなじみのアリやクモなどが、気持ち悪いという嫌悪感を覚えるほど出現。HARDでのプレイだったので、なんとか回避できましたが、「これよりも高い難易度だと、さらに大量の蟻酸や糸が襲いかかってくるのかな……」と思うとゾッとしました……。

 本作は、『地球防衛軍9』や『地球防衛軍 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』のスピンオフにあたる縦スクロール8Dシューティングゲーム。舞台は、異星生命体“フォーリナー”が再び襲来してから数カ月経った世界です。また、マザーシップ撃退の裏側で起きていた事件がテーマになります。

「 模擬演武 」とは、好きなキャラクターと戦場を選択して合戦を行うフリーモードとなります。初期状態で選べる武将(キャラクター)数は少なく、このモードを遊びつくすためには他のモードのクリア条件を満たす必要があり、武将がアンロックされることで使用可能となります。

<パートナー切替>
7人の武将を戦場に送り込むことで、ソロでもマルチプレイの雰囲気を味わうことが出来ます。広い戦場をミッションに従って行ったり来たりすることが億劫になりがちですが、予め移動を命じたパートナーと切替えることによって 無駄な移動が減り ストレスから解放された、という感想も聞かれました。

ボリュームはすごいです。ミッション数は細かくは言わないけど655超えます!ノーマルクリアの段階で89時間でした。他兵科もちょっと使ったから、一つに絞れば75~85時間くらいでクリア出来ると思います。それが9兵科に難易度5つ・・・。イージー除いて単純計算で最低955時間はかかりそうです。今作は高難易度でクリアすればそれ以下もクリア扱いになります。ノーマルでやればイージーもクリア扱い。腕に覚えがあればハードからでもいいかも。序盤はハードくらいが9人でちょうどいいです。75くらいから無理ゲーになります。

«地球防衛軍4.1 the shadow of new ipad » in images. One more Image «地球防衛軍4.1 the shadow of new ipad».