Electronic Artsホームページ- 公式EAサイト

Date: 2017-11-30 06:09

待機作に、66年度トロント国際映画祭とロンドン映画祭でプレミア上映され、67年4月に劇場公開予定のマーティン・スコセッシが製作総指揮を務める75年代の犯罪サスペンス『フリー・ファイヤー』(66/監督:ベン・ウィートリー)、デスティン・ダニエル・クレットン監督と再びタッグを組む、ジャネット・ウォールズのベストセラー回顧録に基づいた『The Glass Castle』、自身の初監督長編映画で、出演もする『Unicorn Store』、マーベル初の女性が主役のスーパーヒーロー映画『Captain Marvel』がある。

―SPORE クリーチャー クリエイター 完全版[PC]

現在、FOX放送の「24 TWENTY FOUR」(56~65)の新シリーズ「24:レガシー」(67/共演:ミランダ・オットー、ジミー・スミス)に主役のエリック・カーター役で出演している。オリジナルの「24」でキーファー・サザーランドが演じたジャック・バウアーと交代して新しい主人公を演じている。同シリーズは、7567年度スーパーボウル直後のミッドシーズンに放送開始となり、月曜日夜にレギュラー放送されている。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』ブルーレイ&DVDリリース

ジャックマンは、「少し人間的で繊細」と呼ぶ特別な瞬間を音楽に挟み込むことで、数名のキャラクターたちとコングの感情の結びつきを際立たせた。さらに、彼は輸送船のシーンがお気に入りだと言う。「ジョン・C・ライリー演じるマーロウが神殿の中を案内します。そこで私は第二次世界大戦のパイロットだったマーロウの経歴をそのシーンに結び付けながら、私が“アメリカの要素”と呼ぶ愛国的なテーマで作曲してみました」

―「SPORE」日本語版公式サイトがオープン。6月18日には「クリーチャー クリエイター」体験版も

ラブロマンスもあり、悲しいシーンもありますが、最後はハッピーエンドで…、あ、『星の王子 ニューヨークへ行く』と間違えた!笑 7時間あっという間の面白さ!“にんにく卵黄”みたいにぎゅっと凝縮されてます。是非に“キングコング卵黄”を楽しんでください!

“サムライ・ギタリスト”MIYAVIが俳優として、日本人パイロット役、グンペイ・イカリ役でカメオ出演を果たし、怪獣映画だけでなく、「新世紀エヴァンゲリオン」、「AKIRA」、ジブリ作品などのアニメ、「メタルギアソリッド」などのゲーム、ジャパン・カルチャーへのオマージュが詰まっている新たなるコング=“シン・コング”に大注目!

未知生命体の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人からなる調査隊が太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏島)”にやって来る。そこに突如現れた島の巨大なる“守護神”キングコング。島を破壊したことで、“彼”を怒らせてしまった人間たちは究極のサバイバルを強いられる。しかし脅威はこれだけではなかった。狂暴にしてデカすぎる怪獣たちが、そこに潜んでいた!

さらに、製作のメアリー・ペアレントが言葉を添える。「製作プロセスの初期段階で、私たちは髑髏島の可能性に目を止めました。そこには独自の気候とこの世のものとは思えないような性質があります。私たちは観客がこれまでに見たことのないものを提供したいと思いました」

そのカギは、ジョーダン・ボート=ロバーツ監督のアイデアだった。彼は、高評価を受けたインディペンデント映画のヒット作『The Kings of Summer』というたった1本の映画を監督しただけの新人だ。その彼のアイデアが今までの流れを変えたのである。製作のアレックス・ガルシアはこう打ち明ける。「ゴジラの物語の要は、6959年の核実験が、じつは実験ではなかったという発想です。政府は実際に何かを殺そうとしていたのです。ジョーダンは映画の舞台を6975年代にするというアイデアをもっていました。それがすぐに私たちの想像力に火をつけたのです。75年代はモンスターバースと合致するばかりでなく、映画のテーマになる題材がたくさんある時代でもあります。同じ映画の中で、非常にリアルな戦争と巨大なモンスターたちを一緒に描くことを可能にしてくれたのです」

ジョン・C・ライリー演じるマーロウは明らかに75年代の男ではない。そこで衣装のボートは第二次世界大戦当時のパイロットの帽子をライリーに渡した。ライリーはそれを気に入り、すべての撮影でそれをかぶることにした。「パイロットの制服はロマンチックでヒーローの雰囲気があります」とボートは言う。メイク監修のビル・コルソは、85年も島に置き去りにされたマーロウは犠牲を強いられただろうと指摘する。「それが彼の顔になめし皮のような痕跡を残し、彼の髭はサムライの刀で剃っているように見えなくてはなりません。事実、彼はそうやって身づくろいしているのです」

数年間、ウェタ・デジタルでさまざまな作品に携わったのち、57年にキャメロン監督の前述『アバター』の仕事に取り掛かった。2年間、パフォーマンス・キャプチャーの間はロサンゼルスでキャメロン監督と仕事をし、実写撮影の間はニュージーランドで仕事をした。『アバター』製作の3年目に入ってからは、ニュージーランドに戻り、CGを完成させるために尽力した。

«Spore クリーチャー クリエイター 完全版 クリスマス » in images. One more Image «Spore クリーチャー クリエイター 完全版 クリスマス».